植物名アオキ
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Aucuba japonica.
属名アオキ属
原生地日本
幹、茎の形状幹も緑
葉の形状
種、果実、花果実は赤く熟す
類似
殖やし方挿し木

アオキ

アオキ(Aucuba japonica.)はミズキ科のアオキ属の常緑低木。
本州(中国地方以外)、四国(東部)に分布する。低地の川沿い
野山のやや湿った場所
などに多く見受けられる。
樹高は2m~3m、開花期は3~5月花は雌雄異株。
果実は長楕円形で、12月~5月に赤く熟す。
斑入り種やヒメアオキなどの種がある。
栽培的地は東北以南、丈夫で放任していても良く育つ
散り斑の斑入り種はよくみかけるが、別の斑の入り方をする種も
多く存在する。


アオキの育て方

アオキの植え替え方

5月~6月が適季。
鉢植えの場合は、鉢に根が張り鉢底から根が出て、根づまりを
起こしそうになると、植え替える必要がある。
鉢から根ごと抜き出した後、根を痛めないように
用土を1/3程度落とし、1回りサイズが大きい鉢
植え替えるか、株分けを行う。
鉢底には少量の鉢底石を入れて、水はけの良い用土で植え替えを行う。
用土の配分は、赤玉土:6 腐葉土:4

アオキの置き場所

アオキはよく高木の下などに自生し半日陰を好む植物なので
半日陰で育てる。斑入り種は、夏場には強い日光には長時間当てないようにする。

アオキの水の与え方

4月~9月は水やりの頻度を多めに用土が乾いたらたっぷりと水を与える。
冬期は水やりの頻度を少なめに行う。

アオキの肥料の与え方

特に不要であるが、良く成長させたい場合は肥料を施す。
5~9月の間に有機質肥料を2ヶ月に一度用土の2、3箇所に施す。
有機質肥料は埋め込んだほうが効果が出るので用土に埋め込む。

アオキに付く害虫

春先に新葉のところにアブラムシが良くつく、捕殺し
良く洗って駆除するか、用土にオルトラン錠剤を施す。


アオキの殖やし方

植え替え時に挿し木で殖やす。
発根しやすく、簡単に増える。

 

アオキ

 

アオキに関するYouTubeの動画

Steve Aoki at Ultra Music Festival 2015 FULL HD SET
クスリのアオキ テーマソング
Steve Aoki - Ultra Music Festival Miami 2017 [Live]

アオキと同じアオキ属の植物一覧

 

アオキと同じ日本が原生地の植物一覧

 

 

アオキ 販売、価格