植物名イチゴノキ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Arbutus unedo.
属名イチゴノキ属
原生地ヨーロッパ
幹、茎の形状ごつごつとした幹質
葉の形状緑の楕円形
種、果実、花果実はヤマモモに似ていて、花はブルーベリーに良く似る。
類似ブルーベリー ヤマモモ
殖やし方挿し木

イチゴノキ

イチゴノキ(Arbutus unedo.)はツツジ科イチゴノキ属の
常緑高木で樹高5m~10mにまで成長する。ヨーロッパ原産。

秋に花芽がつき1年かけて果実が熟すのがイチゴノキの特徴。
剪定せずにそだてると、ブッシュ状の樹形に成長するので
庭の目隠しなどに利用しやすい。

耐寒性があり成木であれば-10℃までも耐えることができる。
イチゴノキはアイルランドでも自生しており、
アイルランドはおおよそ東京都心との平均温度と似ているので
東京の都心部および、それ以南の地域でも露地栽培は可能である。

イチゴノキの種類

ヒメイチゴノキ(コンパクタ)樹高が低い。
ベニバチイチゴノキ(ルブラ)樹高1m~3m。




 

イチゴノキの育て方

イチゴノキの育て方 春夏 3月~9月

植え付けしていない株があるようであれば、この時期に植え付けを行う。
根は深く張るので、植えつける場所を深めに掘り腐葉土と有機質肥料をまぜて
イチゴノキを植えつける。
イチゴノキはあまり土壌は選ばない樹木であるが、石灰質を含む
カルシウム豊富な土壌の方が成長が好ましいので、炭カル、苦土石灰など
を適切に土壌に施す。

幼木の時は冬の時期、風で傷みやすいので、鉢植えである程度の大きさになるまで
成長させるか、周囲を防風シートなどで囲むようにして防風対策を施す。

2月~3月、9月は 剪定を行う時期、剪定は殆ど不要になるが、枝先に着いている花芽を
切り落とさないように、開心自然形に近づけるように剪定していく。

イチゴノキの育て方 秋冬 10月~2月

開花する時期、イチゴノキは自家受粉せずにも結実しやすいのであるが、まだ
樹高が小さく多数の花芽がついていない場合は確実に受粉させるために
筆などで花をなぞるよにして人工授粉させる。また多くの果実ができても
摘果する必要もない。 果実は9~12ヶ月で熟す、赤くなり熟すと自然落下するのでその前に収穫する。


イチゴノキ、肥料の与え方
2月、9月に行う、肥料は有機質肥料を中心に施す。


イチゴノキにつく病害虫
新芽にアブラムシ、カイガラムシがときにつく程度、基本的にほとんどつかない


イチゴノキの増やし方
挿し木や、圧条法などで増やす事が可能。
挿し木は、梅雨期を選ぶと湿度が保たれるので発根させやすい。

イチゴノキ写真画像

 

イチゴノキと似た 部分がある植物

ブルーベリーブルーベリーブルーベリーはツツジ科スノキ属で、藍黒色から淡青色の小さい果実を多数つける。 品種は豊富にあり、品種によっては北海道でも露地栽培することが可能で、 果実の出来る早さ、大きさ、熟れる時期、味などが異なる。 それぞれを比べることによって、単に果実を食べるだけではない多くの楽しみがある。 ブルーベリーの果実について ブルーベリーをはじめる方は2点の項目に気をつける。 1……
ヤマモモヤマモモヤマモモ(Myrica rubra.)はヤマモモ科の常緑高木、日本の本州中部以南から 台湾にかけて自生する、雌雄異株。 ヤマモモ科は2属約40種であり、南アフリカには多くのヤマモモ属の植物がある。 ヤマモモの果実は、そのまま食べるほか、ジャム、果実酒などにもできる。 見た目は粒々感があり、非常に美味しそうに見える。 果実の結実率は高く果樹の初心者でも、簡単に収穫できる……

 

イチゴノキ 販売、価格