インパチェンス

植物名インパチェンス
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Impatiens.
属名ツリフネソウ属
原生地ニューギニア
幹、茎の形状
葉の形状
種、果実、花花色は赤、紅紫、桃、橙赤、白の種がある
類似
殖やし方株分け

 

インパチェンス(Impatiens.)はツリフネソウ科ツリフネソウ属の宿根草
アジア、ニューギニア、アフリカの熱帯の山地に分布する。
開花期は6月~10月、花色は赤、紅紫、桃、橙赤、白の種がある
ふっくらと一面を覆うように育つので花壇やプランターの寄せ植え
などにあう。
花を楽しんだあとの花がらを早めにつみとっていくと
つぎつぎと咲く
ので長く楽しむことができる。
栽培適地は全国だが、ニューギニアインパチェンスの場合
冬は10℃以上になる場所で育てる。


インパチェンスの育て方

インパチェンスの植え替え・植え付けかた

適期は4月中旬~5月中旬、用度にバーミキュライトを加え
保水性を高める。


インパチェンスへの水の与え方

春と秋は用土の表面が白くが乾いてから、水を与え
夏は毎日、水を与える。
冬は控えめに用土が乾燥して、数日たってから水を与える。


インパチェンスへの肥料の与え方

6月~9月に化成肥料を1ヶ月一回、用土の2,3箇所に施す。


インパチェンスの殖やし方

株分けで増やす、適期は4月中旬~5月中旬。
植え替えとともに行う。

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……