植物名グリーンネックレス
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり比較的乾燥気味がよい植物
学名Senecio rowleyanus.
属名セネシオ属
原生地南アフリカ
幹、茎の形状ネックレスをつないだような形
葉の形状球形でビーズのような形の緑色
種、果実、花冬に白い花が咲く
類似
殖やし方挿し木

グリーンネックレス

グリーンネックレス(Senecio rowleyanus.)はキク科セネシオ属の多年草。
その成長する姿から、ネックレスのような形なので
グリーンネックレスと呼ばれている、似た種類の
もので三日月ネックレスもある。

冬に白い花が咲く、あまり目立たないので
 花びらがないように見える。
耐寒性があり雨のあたらない場所で育てると、0℃を
 下回るような場所でも育てることができる。

グリーンネックレスは乾燥気味を好む植物なので、用土は
 あまり湿らさないように育てる。
育成環境がよければ、1年でもそれなりの長さに垂れて
 成長するのでおもしろい。
よくインテリアの雑誌なので利用されている所をみる、日陰でも
 問題なく成長する性質と
独特の形からインテリアグリーンとして使える場面は多い。

 

グリーンネックレス年を通じての育て方

グリーンネックレスの育て方5月~9月 春~夏
グリーンネックレスは明るい日陰を好む植物なので、この時期も
あまり強い日光はさけ育てる。
水やりの頻度は冬よりも多めに用土が乾いたらたっぷりと水を与える。


グリーンネックレスの育て方10月~4月 秋~冬
冬季はレースのカーテン越しの日光を当てて育てる。
乾燥に強い植物なので水やりの頻度はかなり控えめに。
用土が乾いてから鉢底から水がでるぐらい与える。


グリーンネックレスの植え替え方
5月~8月が適季、多肉植物用の水はけの良い用土を使用して行う。
植え替え後は日陰になる場所に置いて育てる。


グリーンネックレスへの肥料の与え方
5月~9月 春から秋に月1度化成肥料か、規定の量で薄めた液肥を2週間に1度施す。


グリーンネックレス殖やし方
5月~8月に挿し木で行う。
1,伸びすぎたつるを適当な長さで切る。
2,無菌の乾いた用土の上に螺旋状に置いて、茎の部分(丸い玉以外)が隠れる程度に土をかぶせる。
4,水遣りはあまりせずに、乾燥してきた時に霧吹きのみを少量行う。
3,2~3ヶ月すると新芽が成長してくる。

あまり強い日光にあたる場所でなければ、きったものを土の上に
おいているだけでも、根が出てきて簡単に活着する。

グリーンネックレスの花
By: scott.zona

 

グリーンネックレスに関するYouTubeの動画

グリーンネックレスの育て方・日常管理
多肉植物 グリーンネックレスの紹介
多肉植物 花芽の上がったグリーンネックレスの紹介・育て方
グリーンネックレスで部屋を彩ろう【DIY#10】
グリーンネックレスをメインにした多肉植物のハンギングの作り方

グリーンネックレスと同じセネシオ属の植物一覧

 

グリーンネックレスと同じ南アフリカが原生地の植物一覧

 

 

グリーンネックレス 販売、価格