植物名シュロチクヤシ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度越冬させるためには、5~10度の気温が必要な植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Ptychosperma macarthurii.
属名ヤハズヤシ属
原生地ニューギニア
幹、茎の形状樹高7~8mにまで成長。
葉の形状葉の先端が食いちぎられたようになる。
種、果実、花
類似クロツグ コモチクジャクヤシ
殖やし方株分け

シュロチクヤシ

シュロチクヤシ(Ptychosperma macarthurii.)はヤシ科ヤハズヤシ属の中型のヤシ
ホソバシュロチクヤシに似るが、シュロチクヤシはホソバシュロチクヤシに比べ
コンパクト
で、幹高7~8m程度に成長する。

シュロチクヤシはシンガポールの個人宅によく植えられ
ホソバシュロチクヤシの方はロータリーや緑地帯でよく見かけられる。

別名、コモチケンチャヤシ、ヤハズヤシ。
クロツグ、コモチクジャクヤシに似て葉の先端が食いちぎられたようになる。
株立ち種で雌雄同株。

 

シュロチクヤシ

シュロチクヤシ1
By: Tropic~7

シュロチクヤシ

シュロチクヤシ2
By: Tropic~7

シュロチクヤシ

シュロチクヤシ3
By: Drew Avery

 

シュロチクヤシ 販売、価格