植物名ストロベリーグァバ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Psidium littorale.
属名バンジロウ属
原生地ブラジル
幹、茎の形状樹皮は平滑で薄茶、老化すると少しずつ剥がれてゆく。
葉の形状緑で光沢があり、ガジュマルの葉に似ている。
種、果実、花花は白い花、果実はゆずを小さくしたような感じ。
類似ガジュマル
殖やし方挿し木

ストロベリーグァバ

ストロベリーグァバ(Psidium littorale var. cattleianum)はフトモモ科バンジロウ属の
常緑高木、原生地はブラジル。樹高は1,5m程度になりストロベリーグァバは東京以南での
暖地
で路地上栽培が可能。
ストロベリーグァバとともにイエローストロベリーグァバ(キミノバンジロウ)も
耐寒性があり、同じように路地栽培が出来る。
6℃以下で育成が停止する。成木は-6℃~-7℃でも1~2時間は耐える事ができる。
日陰にも強いが、良好な果実を結実させるさせる為には日なたのほうが良い。

葉は高血圧や糖尿病によいとされるプロアントシアニジンを多く含むので
どちらの病気にも予防には良い。

ストロベリーグァバの種類

どちらも耐寒性、耐陰性があり
ストロベリーグアバ、20℃~25℃で栽培すると果実肥大と着色が良好。
イエローストロベリーグァバ、30℃~35℃で栽培すると果実肥大と着色が良好。

ストロベリーグァバ 味 食べ方

自家栽培しているストロベリーグァバ、イエローストロベリーグァバの
葉を茶にしてみて飲んだ時の味の感想であるが
若干だが、果実特有の甘みのようなものが感じられる味がした。

ややフルーティさは感じるが、特別美味いお茶というわけではないので
剪定したときや、挿し木の時に出た葉をお茶にしてついでに飲むという程度
上記したプロアントシアニジンの多く含むのでこの効能がほしい人は
一度ためてみていただきたい。

果実の味はストロベリーグァバは甘みがある味で
イエローストロベリーグァバは酸味がある味とおもったらまだ熟していないものだった。
黄色にまで熟すと、結構甘みがありおいしい。

イエローストロベリーグァバの味は結構おいしいぐらいだなどと思っていたが
これまたまだ完全な果実を食していなかったようだ、味が完全なものになると
本当にイチゴのようですごい美味であった。
いままでは『ストロベリー』という名前はやや嘘っぽいなと感じていたが
名前に恥じない果樹であることは間違いない。

それほど日照時間が無いような場所に植えているからかかなり
果実の味にムラがあるようだ。
おそらく日照時間や栄養をそれなりに与えて無いとイチゴのような味はでないと思われる。
果実は皮まで一緒に食べれる、完熟すると皮もおいしくなる、種もほとんどないのか
かなり柔らかくてそのまま食べれるようになる。

種は完熟していないと、果実の大きさにして大きめなときもある
果実はピンポンボール程度の大きさ、もうすこし大きければと思うところ。
ただ育てているイエローストロベリーグァバの枝ぶりが貧弱なので
もうすこし大きい果実になるかもしれない。
5月頃に小さい実がなりはじめ9月の終わり頃から10月の初めにかけて黄色く熟した。

収穫するのは、果実が自然に地面に落ち始めたぐらいから行う。
手で触って、皮がやや柔らかくなったら収穫時期。

 

ストロベリーグァバの育て方

イエローストロベリーグァバ(キミノバンジロウ)と共通する。

ストロベリーグァバの育て方 3月~5月

この時期に植え付けを行う、路地植えにする際は、植えつけるよりも大きめの穴を掘り
腐葉土と有機質肥料を混ぜてから植えつける。鉢植えでは水はけの良い用土に植えつける。
ストロベリーグァバはあまり土質(ph)を選ばない

徒長枝や混み合った部分に剪定を行う、開心自然形に近づけるように剪定する。
主枝を切り返さないと真っすぐに縦に伸びやすいので数mの所で切り返す。
鉢植えの場合は1mぐらいの所で切り返すと果実が多く結実しやすい

5月に開花する、鉢植えの場合この時期に雨にあたらないよう
管理すると果実が結実しやすい。

ストロベリーグァバの育て方、7月

果実が多く結実した場合は、形の悪いものや、傷がついた果実を
葉が10枚に1果になるように摘果する。


ストロベリーグァバの育て方、8月~9月

収穫する時期、開花後120日~150日で果実が結実する。


ストロベリーグァバの肥料の与え方
2月、5月、7月、10月に化成肥料を与える。


ストロベリーグァバの殖やし方
梅雨期に挿し木で増やす、やや挿し木は成功しづらいが 。何本も行えばつくこともある。

ストロベリーグァバの写真画像

 

ストロベリーグァバと似た 部分がある植物

ガジュマルガジュマルガジュマル(Ficus retusa.)クワ科フィカス属の植物 原産地は、東南アジア、インド、オーストラリア 沖縄などでよく自生しているのをみかけるので寒さには弱いように思えるが 雪の積もらない地域であれば冬でも戸外越冬が可能。ガジュマルは日本の植物園(公園)では以下の場所で観覧できる。 沖縄の末吉公園(スエヨシコウエン) 沖縄県那覇市首里末吉町1丁目3-1 に大きい木が植えら……

 

ストロベリーグァバ 販売、価格