タビビトノキ

植物名タビビトノキ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度越冬させるためには、5~10度の気温が必要な植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Ravenala madagascariensis
属名タビビトノキ属
原生地マダガスカル
幹、茎の形状
葉の形状
種、果実、花
類似
殖やし方種から実生

写真を見てらえば日本に流通している物が、かなり偽者が多いという
事がお分かりになるだろう。(本物も売っていると思うけど)
ホームセンターなどでタビビトノキの名前で売られている大半のものは
オーガスタストレリチア・レギネだろう。
しかしこの大きさまさに見事、壮大である。風車や遊園地の観覧車を
思い起こさせてくれる。こういうインパクトのある植物を見ていると
植物の生命の深さを感じさせてくれる。
写真には花は写っていないのだが、花は白い,仏焔苞(ぶつえんほう)
は12枚以上ある。葉鞘(ようしよう)に水がたまる、
旅人がこの水で喉の渇きをいやしたことから
タビビトノキという名がつけられた。
南アメリカのギアナ、ブラジルに分布するタビビトノキモドキという植物もある。