植物名ツワブキ
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Farfugium japonicum.
属名ツワブキ属
原生地日本
幹、茎の形状葉柄は食用となる。
葉の形状丸い、新芽にはうぶ毛のようなものが生える。
種、果実、花花は黄色い。
類似
殖やし方株分け

ツワブキ

ツワブキ(Farfugium japonicum.)はキク科の宿根、本州の福島県以南に自生する。
秋には葉の間から花茎を伸ばし黄色い小さな花を咲かせる。
性質は丈夫で、沿岸沿いの風当たりの強い場所やコンクリートの隙間など
にも自生するものも多々見かけることもある。
葉柄はフキと同様に食べることが出来る。
呼び名のツワブキはフキに似ていて葉に艶があるのでツワブキ
と呼ばれている。園芸種のものあり、葉の縮れたものや
斑入りのものなど、多数の品種が作られている。
カンツワブキは屋久島や種子島で自生しヒメツワブキは
中国の高山で自生する。

近畿地方では和歌山県和歌山市深山、休暇村紀州加太の周辺にはツワブキが
多く自生している。

ツワブキ年を通しての育て方

地植えにする場合は半日陰で風通しの良い場所へと植えつける。
湿度が多い場所を好むので、出来れば湿り気のある場所へと
植えつけると良い。わりと強い性質をもつので根が張ると
いろいろな場所に順応する。

ツワブキの植え替え方
植え替え後はやや葉がしおれ気味になるが、根がはってくると持ち直す
植え替え後は半日陰の風当たりの少ない場所で管理する
ツワブキの植え替えは4月が適季、株が大きくなり鉢底から根が出始め、根づまりを
起こしそうになると植え替える必要がある。2年に一度が目安。
鉢から根ごと抜き出した後、根を痛めないように
土を1/3程度落とし、1回りサイズが大きい鉢に植え替える。

用土は、赤玉土4、腐葉土2、軽石砂4の割合で作る。


ツワブキの育て方4月~9月
半日陰に置き育てる。
水やりは用土が白っぽく乾いたら行う。
夏場の高温期は毎日水をやっても良い


ツワブキの育て方10月~3月 冬
半日陰に置き育てる。
用土が完全に乾燥してから水を与える。
冬の寒い時期は水やりの頻度は控えめに。


ツワブキへの肥料の与え方
春と花が咲き終わったあとに、暖効性の化成肥料または油かすを与える。


ツワブキの殖やし方
4月が適季、株分けでふやす。

 

tuwabuki1 斑入りツワブキ
ツワブキ

 

ツワブキに関するYouTubeの動画

ツワブキ佃煮【作り方】
ツワブキの育て方・日常管理
ツワブキ
「お茶うけ」 Vol.33 - つわぶきの佃煮
柴田邸の花「リンドウ&ツワブキ」

ツワブキと同じツワブキ属の植物一覧

 

ツワブキと同じ日本が原生地の植物一覧

 

 

ツワブキ 販売、価格