植物名ヒロハケンチャヤシ
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Howea forsteriana.
属名ホウエア属
原生地オーストラリア
幹、茎の形状単幹、20mまで成長
葉の形状羽状複葉、長さ2~3mになる
種、果実、花
類似
殖やし方種から実生

ヒロハケンチャヤシ

ヒロハケンチャヤシ(Howea forsteriana.)はヤシ科ホウエア属の1種。
オーストラリアのシドニーの北東方にある、ロードハウ島に自生する。
耐陰性、耐寒性にすぐれているヤシ科の植物。

ヒロハケンチャヤシは単幹で、木のような幹になるタイプのヤシ。
写真に写っているように非常に大型になり、幹の高さは20mまで成長する。

ヒロハケンチャヤシの葉は羽状複葉で長さ2~3mになる。
他のホウエア属でケンチャヤシがあり似ているが、ケンチャヤシは
小葉は葉軸に対しV 字形につくが、ヒロハケンチャヤシの小葉が最下部だけ
上にあり、他は水平かそれ以下につく。

ケンチャヤシとともに耐寒性に強く、2~3℃で越冬することが可能。

ヒロハケンチャヤシは、単幹なので種から実生で繁殖する

 

ヒロハケンチャヤシ

ヒロハケンチャヤシの写真
By: Black Diamond Images

ヒロハケンチャヤシ

ヒロハケンチャヤシの写真2
By: Tropic~7

ヒロハケンチャヤシ葉

ヒロハケンチャヤシの葉
By: Tropic~7

 

ヒロハケンチャヤシ 販売、価格