植物名フェイジョア
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Feijoa sellowiana.
属名フェイジョア属
原生地ブラジル
幹、茎の形状高さ3~5mぐらいになる
葉の形状葉は5cm程度、楕円形。表面は緑色,裏面は銀白色。
種、果実、花卵形や長楕円形。長さ5~10cmで果皮は濃緑色、白粉がついている。
類似
殖やし方挿し木

フェイジョア

フェイジョア(Feijoa sellowiana.)フトモモ科の常緑低木で
4~6mの樹高となる。

葉や花が美しく、幹肌も独特で樹姿もなかなか良い、洋風の家の
家庭樹としてマッチする場所は多い。
もし、オリーブを植えようと思っている方はフェイジョアも
検討の価値はある。
耐寒性もそれなりにあり、マイナス 10℃程度には耐える。
英名はパイナップルグァバという。

果実はパイナップルのような甘い香りがする。
成熟すると果面は赤みがかった淡緑色となる、
種子は非常に小さく、口中にほとんど感じることはなく
甘く、白黄色のゼリー状で魅力的な果実。
パイナップルとバナナ、イチゴを合せた風味とよく表現される。


フェイジョアの品種
1本で果実が結実する
フェイジョア・アポロ、フェイジョア・クーリッジ
フェイジョア・ジェミニ

1本では果実は結実しない
フェイジョア・マンモス、フェイジョア・トライアンフ

 

フェイジョアの育て方3月から4月
この時期は剪定と肥料を行う、フェイジョア1年目は新しく発生した枝は
先端を1/3ほど切り返す
フェイジョア2~3年目は主枝上に伸びる徒長枝や混み合う枝は間引く。
地面に近い部分から多数の枝が伸びてくるので地面から50cmくらいまでの
枝は切る


フェイジョアの育て方5月中旬~下旬
よく果実のつぼみが出来る、枝の先端の小さい果実は他の
実の栄養を奪うので枝に2個残し後は摘果する。


フェイジョアの育て方6月~7月
花が咲くので、人工授粉する。1本で結実する品種でも
筆で人工授粉してやる。


フェイジョアの育て方10月中旬~12月上旬
この時期に果実が結実することがおおい、自然落下したものや
手で触れて落ちるものを収穫する。
果実をとり終えた後に肥料を追肥する。


フェイジョア増やし方
主に3月から4月剪定したものの穂木で挿し木で行う。
圧条法でも増やすことは可能。

フェイジョア
By: Bri Weldon

フェイジョアの花
By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

フェイジョア小さい株
By: Seán A. O'Hara

フェイジョア果実
By: Bri Weldon

 

フェイジョアに関するYouTubeの動画

魅惑のトロピカルフルーツ「フェイジョア」🎵
フェジョアの育て方・日常管理
大井町 フェイジョア
フェイジョア受粉1
魅惑のフルーツ − 日本初のフェイジョア農家を訪ねて −

フェイジョアと同じフェイジョア属の植物一覧

 

フェイジョアと同じブラジルが原生地の植物一覧

 

 

フェイジョア 販売、価格