植物名プセウデランテムム
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度10度以上ないと育成が難しい植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Pseuderanthemum.
属名ルリハナガサモドキ属
原生地熱帯
幹、茎の形状
葉の形状黄色や紫色の多彩な斑が入る。
種、果実、花
類似
殖やし方種から実生

プセウデランテムム

プセウデランテムム(Pseuderanthemum.)はキツネノマゴ科
ルリハナガサモドキ属の熱帯植物。
世界各地の熱帯が原産。
黄色や紫色の多彩な斑が入る、美しいカラーリーフを持つ。
低温にあうと、葉がおちてくるので、水をあまり
与えないようにして半休眠状態で育てる。


アトロプルプレウム’トリカラー’
2mぐらいまで成長する。葉は緑色地に新葉は淡紫紅色の斑
入る。ふるくなると乳白色に変わる。

レティクラツム’オウァリフォリウム’
卵形の葉に新葉部は鮮黄色となる。

ラクシフォリウム
濃緑色の小葉に赤紫色の花。


プセウデランテムムの育て方

プセウデランテムムの植え替え

5月~8月が適期、良く成長している場合、2年に一度は植え替える。
鉢に植える場合は、鉢底には少量の鉢底石を入れて、観葉植物用の
用土で植え替えを行う。用土の配分は(赤玉土3、腐葉土1、川砂1)

プセウデランテムムの置き場所

春と秋は戸外の日なた
夏は、戸外の半日陰
冬、室内のレースカーテン越しの日の当たる場所で育てる。
この時期最低10℃以上を保つ。
落葉した株は水を与える回数をへらし、できるだけ暖かい場所で管理する。

プセウデランテムムの水の与え方

5月~9月の水やりの頻度を多めに用土が乾いたらたっぷりと水を与える。
夏は毎日水を与えても良い。
10月~4月は水やりの頻度は少なめに、用土が乾燥してから2~3日後に与える。
寒い地域では根ぐされになる可能性があるので冬は適切に水を与える。

プセウデランテムムの肥料の与え方

5~9月の間に化成肥料を2ヶ月に一度用土の2、3箇所に施す。

プセウデランテムムにつく害虫

5~9月にハダニがつく、アカールで駆除する。

プセウデランテムムの殖やし方

挿し木で殖やす。適季は5~8月頃。

 

プセウデランテムムの写真
By: Forest and Kim Starr

プセウデランテムムの写真
By: Forest and Kim Starr

 

プセウデランテムムに関するYouTubeの動画

プセウデランテムムの育て方・日常管理
クレマチス アンスンエンシスの育て方・日常管理 つぼみを落とさないコツ
サルビアレウカンサ(ピンクのアメジストセージ)の育て方・日常管理
オリーブの育て方・日常管理 バロウ二
クリスマスローズ サフィニウィンターベルの育て方・日常管理

プセウデランテムムと同じルリハナガサモドキ属の植物一覧

 

プセウデランテムムと同じ熱帯が原生地の植物一覧

 

 

プセウデランテムム 販売、価格