植物名ホオノキ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Magnolia obovata.
属名モクレン属
原生地日本
幹、茎の形状
葉の形状大きく広い、香り、殺菌作用あり。
種、果実、花
類似
殖やし方挿し木

ホオノキ

ホオノキ(Magnolia obovata.)はモクレン科のモクレン属の落葉高木。
北海道、本州、四国、九州に分布する。
樹高は高くなり、15m~30mにまで成長する
開花期は5月~6月、春先に新葉が開いて出てきた後、枝先にハスの
ような花を咲かせる。花色は黄白色で強い芳香がある。
果実は9月~10月に赤く熟する、葉の裏色には毛があり色は薄い緑色。

ホオノキの下では雑草などが生えにくい
以下はwikiから引用

本種は強い他感作用(アレロパシー)を示すことが知られている。
本種の樹冠下では、他の植物が生えることは少ない。
これは、落葉や根などから分泌される他感物質により
種子発芽や、発芽した植物の生育が強く抑制されるためである。
そのため、自生地の樹冠下では下草が少なく落葉の堆積が目立つ。
《引用 ホオノキ - Wikipedia》

ホオノキのアレロパシーの作用は、庭の雑草の処理に手間
をかけたくない人
には使えるのではないだろうか。
特にあまり植えたいこれといったものがない場合はオススメできる。

 

ホオノキの育て方

ホオノキの育て方、植え付けかた
適期は5月~6月、日光が良く当たる場所を選ぶ。
根鉢の2倍の大きさの穴を掘り、腐葉土と有機質肥料をすきこんで
から植えつける。


ホオノキの育て方、水の与え方
ホオノキは乾燥には強いが多湿は好まない
基本的に用土が乾燥してから。


ホオノキの育て方、肥料の与え方
ホオノキは、特に肥料を与えなくても良く成長する。
良く成長させたい場合は、4月~9月に、2ヶ月に一度、有機質肥料を施す。


ホオノキの育て方、害虫
特に無し。


ホオノキの育て方、殖やし方
挿し木で殖やす、適期は梅雨期。

ホオノキの写真
By: Wendy Cutler

ホオノキの花
By: Tamaki Sono

 

ホオノキに関するYouTubeの動画

ポケットモンスターベガ ホオノキ再戦
ポケットモンスター ベガ 強化版四天王 ホオノキ
ホオノキとキタコブシの果実の変化
ポケットモンスター ベガ 強化四天王 ホオノキ
ホオノキ【朴の木】

ホオノキと同じモクレン属の植物一覧

 

ホオノキと同じ日本が原生地の植物一覧

 

 

ホオノキ 販売、価格