ホタルブクロ

植物名ホタルブクロ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Campanula punctata.
属名ホタルブクロ属
原生地日本
幹、茎の形状草丈は40cm~80cm
葉の形状
種、果実、花開花期6月~7月、吊り鐘状の花を下向きに咲かせる。
類似
殖やし方株分け

 

ホタルブクロ(Campanula punctata.)はキキョウ科ホタルブクロ属の多年草。
日本各地に分布する。

開花期は6月~7月大きくつり鐘状で、淡紫色または
白色の花を下向きに咲かせる。この形からツリガネソウとも呼ばれている。
花には細かく濃い斑点がはいる。
比較的草丈は大きく、特徴のある花を咲かせるので登山などで山に登った
時でも見分けがつきやすい。

ホタルブクロは草丈が大きくなるので、鉢植えよりも庭に植えるほうが使いやすい。
性質は丈夫で育てるのは容易。


ホタルブクロの品種(種類)・近縁種
ヤツシロソウ
九州の野山の分布。

白花ホタルブクロ
ホタルブクロの白花、近畿地方に分布。

イシダテホタルブクロ
徳島県に分布、高さ15cm、ホタルブクロより小型。

シマホタルブクロ
伊豆諸島に分布。高さ20~40cm。

ヤマホタルブクロ
東北地方南部~近畿地方に分布。ホタルブクロより小型。

’ケントベル’
花は灰色ががった紫色。

モモバキキョウ
ヨーロッパ、アジア西部、北アフリカに分布。

’ビューティフル・トゥルーズ’
花は袋のようではなく、裂けて咲く。

’プラム・ワイン’
鳥葉ほたるぶくろで流通

’カンパヌラ・ラプンクロイデス’
ヨーロッパに分布。


ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの植え替え・植え付けかた
育成は旺盛で根のはりは早い、毎年3月か9月、に1度の間隔で行う。
用土は水はけの良い用土を使用。


ホタルブクロの置き場所
基本的に日あたりの良い場所で育てる。
真夏はやや遮光する。


ホタルブクロへの水の与え方
基本的な山野草と同じように与える
真夏の高温期は1日一度水を与え、別の期間は用土が乾いてから。


ホタルブクロへの肥料の与え方
ほとんど肥料は不要であるが、大きく成長させたい場合は
春、秋の年2回、用土に有機質肥料を2,3箇所与える。


ホタルブクロの殖やし方
株分けで増やす、適期は植え替えと同じ。

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……