植物名ヤエヤマヤシ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度10度以上ないと育成が難しい植物
適した水やり比較的乾燥気味がよい植物
学名Satakentia liukiuensis.
属名ヤエヤマヤシ属
原生地石垣島
幹、茎の形状単幹、高さは15~20m、幹の直径20~30cm
葉の形状葉は羽状全裂で、長さ約5m。葉の枚数は少ない。
種、果実、花花は雌雄同株、果実は長楕円形
類似オウジクココヤシ キングココヤシ
殖やし方種から実生

ヤエヤマヤシ

ヤエヤマヤシ(Satakentia liukiuensis.)は八重山諸島の固有種、石垣島、西表島
琉球諸島に自生する1属1(ヤエヤマヤシ属)種のヤシ科の植物。
ヤエヤマヤシは高価な苗木なので、実生苗の盗掘で自生する若木が少なくなっている。

ヤエヤマヤシの形状は高さは15~20m、幹の直径20~30cmに達する。
身近な観葉植物として売られているヤシなどとは違い幹の太い木のようなヤシになる。
花は雌雄同株、雌花は花序の下に、雄花は上方につく果実は長楕円形、赤く熟してくる。
背が高く現地では台風が原因で葉の部分がおれて枯れてしまう事も
しばしば見受けられるようだ。

 

ヤエヤマヤシ属という属名はヤシの研究家の佐竹利彦を記念したものである。
沖縄の方言はウラダヤシ(オランダヤシの転訛か)、ビンドーとも呼ばれる。
小笠原産のノヤシ セボリーヤシ Clinostigma savoryanum(Becc.) はヤエヤマヤシにもっとも近い。
単管のヤシ科植物なのでヤエヤマヤシを増やすのは種から実生でおこなう。

ヤエヤマヤシ

ヤエヤマヤシの写真
By: Dick Johnson

 

ヤエヤマヤシに関するYouTubeの動画

[石垣島] 米原のヤエヤマヤシ群落
石垣島ガイド  ヤエヤマヤシ群落
米原のヤエヤマヤシ群落
西表島の天然記念物、ウブンドゥルのヤエヤマヤシ群落
初めて行く石垣島 世界でここでしか見られない貴重な植物

ヤエヤマヤシと同じヤエヤマヤシ属の植物一覧

 

ヤエヤマヤシと同じ石垣島が原生地の植物一覧

 

 

ヤエヤマヤシ 販売、価格