ライラック

植物名ライラック
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名lilac.
属名ハシドイ属
原生地ヨーロッパ
幹、茎の形状
葉の形状
種、果実、花花は総状の円錐花序。普通種は紫色
類似
殖やし方挿し木

 

ライラック(lilac.)はモクセイ科 ハシドイ属の花木
バルカン半島からクリミヤ半島にかけての原産といわれている。
開花期は4月~6月、花色は白、淡紫、桃、青の種がある。
花は小さい総状の円錐花序。普通種は紫色で芳香がある。
昔ヨーロッパでは婚約者に送る花だった事がある。
ムラサキハシドイとも呼ばれているが、ライラックの方で
よく流通している。
日本に自生している同属の近縁種ハシドイがあり
5月頃に白色の芳香のある花を咲かせる。
ライラックは寒さに強いため、北海道に多く栽植されている。


ライラックの育て方

ライラックの植えつけ

2月~3月が適期、日当たりの良い場所に植えつける。
植えつける場所を深めに掘り、腐葉土と有機質肥料をまぜて植えつける。


ライラックの肥料の与え方

早春、初夏、秋に有機質肥料を用土に施す。


ライラックの剪定

あまり剪定しなくても良い。枝が混み合ってきたら花後に
剪定をする


ライラックの殖やし方

挿し木で殖やす。適季は7月~8月

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……