ベンガルボダイジュ

植物名ベンガルボダイジュ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度10度以上ないと育成が難しい植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Ficus benghalensis.
属名フィカス属
原生地インド
幹、茎の形状気根を出して幹になる、高さ 30mまで成長
葉の形状葉は卵形か楕円形、長さ 10~20cm。
種、果実、花果実はイチジクに似る
類似フィランサス
殖やし方株分け

 

ベンガルボダイジュ(Ficus benghalensis.)はクワ科の常緑大高木。

ベンガルボダイジュは100M四方に広がり、1本で森になる
熱帯地域では街路樹として植えられる。

ベンガルボダイジュの別の呼び名は、バンヤンジュ、バニアン、バニアンツリー
空中から根、気根を出して、それが地面に向けて伸び地中に入りこみ
根をはらせる、気根は幹になる。
それを次々と繰り返し、何千もの枝でつながったベンガルボダイジュの森となる。
果実は小さいイチジクのようなもので、種からも増える。

ベンガルボダイジュはインドでは聖樹の一つとされ、仏閣の庭園樹
として植えられている。

インドのカルカッタ植物園のベンガルボダイジュが世界最大で
気根数 500本以上に及び周囲は450mにひろがっている。

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……