ニンニクの芽 旬

 

ニンニクの芽とは?よく食材でも使われることも
あります。

 

松屋がニンニクの芽牛丼などを販売など
していることもあり、料理をあまりしない人も
『ニンニクの芽』という名前ぐらいは知っているかもしれません。

 

ニンニク茎の根本

(普通はこのあたりから生えてくる部分に思えますが)

あの食材は普通に考えてみると、ニンニクの茎の
部分のように思えますが、実は花が咲く部分の
下の所、花茎という部分
を切り取って利用した食材になります。

 

 

ニンニクのつぼみ
(このつぼみの下の茎の部分がニンニクの芽)

 

普通はニンニクの茎に思えそうですが。

 

花茎の部分ということで、ニンニク
花が咲く時期がニンニクの芽の収穫時期
なります。

 



ニンニクの芽 旬の時期 一般的には

ニンニクの芽

国産のニンニクの芽の旬は5月中旬から6月初旬
だということが一般的にいわれています。

 

主に日本で育てられているニンニクは、冬から春にかけて花茎(ニンニクの芽)を
伸ばすことが多いです。

 

 

日本の出荷されるニンニクは、約7割が青森県で
福地ホワイト
という品種が栽培されていて、この
品種ではニンニクの芽として売られる
ようなしっかりとした花茎はつかないです。

 

ニンニクの芽 市販されている99%は中国産

 

国産のものの旬は5月中旬から6月初旬となって
いますが、国産ものをスーパーなどで
市販されていることを見たことがありますでしょうか?

 

ほぼ見たことはないですね、国産ニンニクの芽は
道の駅などや、農家直営の場所などでは売られている
ようですが
近くに売っている場所があるような人でない
限りはあまり見ることはほとんど無いのでは。

 

 

ニンニクの芽-中国産

基本的に日本の食品売り場で売られている
ニンニクの芽は99%が中国産
のものです。
(ニッチな所をついているなとほんの少し、関心させられます。)

 

一般的に家庭で使うニンニクの芽の旬といえば
中国産のニンニクの芽の旬ということが
言えそうです。

 

外食チェーン店などで使われているニンニクの芽と
いうのも、日本で流通されているニンニクの芽の99%が
中国産ということで産地が国産とされてない場合は
おそらく中国産となるのではないでしょうか。

 

中国産ニンニクの芽の旬の時期

袋に入れられた市販されるニンニクの芽

よく市販されている中国産のニンニクの芽の
旬ですが。

 

中国ではニンニクの芽を収穫するのに、日本で
生産されているニンニクと別の種類

ニンニクを育てています。

 

日本のニンニクは前にも書いたように約7割が
「福地ホワイト」という品種が栽培されています。

 

中国では異なったニンニクの芽が伸びやすい
特定の改良品種を栽培しているようです。

 

その為に、『年中が旬』ということが言われています。

 

 

最近は中国産ニンニクでも農薬を使って
いない(と書かれている)ものも売られていますね。
中国産ニンニク-産地や銘柄などの表

ニンニクの芽 旬と同じカテゴリ