トックリラン ポニーテール 育て方

植物名トックリラン
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり比較的乾燥気味がよい植物
学名Nolina recurvata.
属名トックリラン属
原生地メキシコ
幹、茎の形状独特の形状で、基部がとっくり状に膨らむ
葉の形状緑で細長く垂れる。
種、果実、花
類似フィランサス トックリヤシ パキラ
殖やし方挿し木

 

トックリラン大株の写真画像


トックリラン大株
By: Tatiana Gerus

トックリラン(Nolina recurvata.)リュウゼツラン科の小高木、メキシコ原産。

トックリランは幹の基部がとっくり状に膨らむユニークな形の観葉植物、
アメリカのテキサス州からメキシコにかけて分布している。
トックリランの強い性質上初心者にも優しくオススメできる観葉植物である。
独特の形状からトックリランを集めている愛好家の方も多い。
軒先で多数のトックリランを育てている家を何軒も見かけた事がある。

トックリランの葉は濃緑色で、幹の先端に葉をつける。
長く地面につくほど垂れ下がる。その姿形から英名はポニーテールと呼ばれている。

トックリランは耐寒性があり気温はマイナス5℃程度には耐えれる、かなり強風に
さらされていても基部にはあまり被害を受けない。
大豆を一回り大きくしたような小株のトックリランでも
冬の戸外でも耐えてくれる。



トックリランの種類

  • トックリラン 通常のトックリラン、現在はノリナ・グアテマレンシスが流通量が多い
  • トックリラン ノリナ・グアテマレンシス とっくり状の基部があるが、球形にはなりづらい。
  • トックリラン ノリナ・ストリクタ 葉が長く茎の先端部分から伸びる。
  • トックリラン ノリナ・ロンギフォリア 葉が長く、先端にかけてカールしている。子株だと判別しづらいが、大株になると判りやすい。

トックリランの育て方

暖地ではトックリランを戸外で育てるのに手間がほとんどかからない
雨が当たる場所なら、何もしなくても育つ。
普通に管理する場合は夏場のかなり暑い時期の水やり、と
よく伸ばしたい場合は肥料を与える程度で問題はない。

室内で育てる場合は以下のとおり

トックリランの育て方 冬 1月~4月

この時期は冷え込むので、根を痛めないようにする為、水やりは
控えめにする
。7号以上の鉢であれば目安は1ヶ月に一度程度。
それ以下の鉢であれば2週間に一度、土の乾き具合を見て水を与える。
日照はガラス越しの光線に当てる。肥料与えない。

トックリランの育て方 夏 5月~9月

よく成長する時期、水やりは土の表面が乾いたら与える程度で良いが
良く成長させるためには気温が高い時期は、多めに与えてもよい
戸外の直射日光も時にあてる、肥料は2ヶ月に一度。
病害虫はカイガラムシ、ハダニがつくので、他の植物などから
もちこまないように気をつける。
この時期に、種や挿し木でふやせる。

トックリランの育て方 秋 10月~12月

肥料は施さず、気温が下がるたびに水を控えめ目にする。

トックリランの増やし方

切り戻したものを挿し木と、基部を割る方法でも増やせる。
種からの実生も可能。

トックリランの増やし方 切り戻し

幹の伸びすぎた株は1/3~1/4を残して切る。
この切ったものを挿し木にして増やす。
3~6ヶ月すると2~3箇所から芽が伸びてくる一番上部の芽だけ
残してあとは切断する。
このやり方で増やすと幹の基部は膨らまないようだ。

トックリランの増やし方 基部を割り増やす方法

増やすとき雨季は避ける基部の数箇所に、葉が出ている物に限って
行う、大きい株ではなくソフトボールぐらいのサイズのものがいい。
(あまりにも小さいと枯れやすい)

鉢から根ごと引き抜いて2点葉が出ているものの葉と葉の間のトックリランの基部を
刃物などで綺麗に分割する、切断面が土につかないようにトックリランを植え込む。
切断面が大きいと腐りやすくなるので、切断面は極力小さくなるようにする。

その後切断面を直射日光にあてて乾燥させる、水に当たらないように管理する。
乾燥してくると切断面は黒っぽくなるが、トックリランの基部が腐らない限り枯れることはない。
2ヶ月以上すると完全に乾燥するので、見栄えを整えたい場合は
切断面が土に隠れるように植え替えを行う。

トックリランの基部の数箇所に葉が出ている場合は2個、3個と分割することができるが
数多く分けると切断面が大きくなり、その分枯れる可能性も高くなるので時期を分けて
行ったほうが良い。

このやり方で増やすと、最初は切断面がやや奇形のようになるが、成長するに
したがい引き伸ばされたようにまるく修正されていき、種から実生したときの
ように、幹の基部はしっかりと膨らみ成長する。

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……