植物名アグラオネマ
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度10度以上ないと育成が難しい植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Aglaonema.
属名アグラオネマ属
原生地熱帯アジア
幹、茎の形状
葉の形状ディッフィンバキアに似る
種、果実、花雌雄異花
類似ディッフィンバキア
殖やし方挿し木

アグラオネマ

アグラオネマ(Aglaonema.)はサトイモ科アグラオネマ属の常緑多年草。
熱帯アジアに30種が分布する。
品種によっては 同じサトイモ科のディッフィンバキアに非常によく似るが
仏焔苞の中央にくびれがない、完全に雌雄異花など花に関して
異なる部分がある。見分け方としてはアグラオネマのほうが
より小型なので外見でも区別ができる。

斑入り葉が美しく、日陰でも良く成長する観葉直物。
属名のアグラオネマ属は「光る糸」という意味がある。
おしべに光沢があるに由来している。
良く種が結実するので実生でも殖やしやすい。


アグラオネマの品種(種類)

アグラオネマ・コンムターツム
Aglaonema. commutatumSchott.
葉は長形の光沢ある濃緑色。

アグラオネマ・プセウドブラクテアーツム
Aglaonema cv.Pseudobracteatum
葉が長く細く、黄白の斑入り種。

アグラオネマ・トレウビイ
Aglaonema cv. Treubii
コンムターツムに比べ葉が細い。

アグラオネマ・ニティズム
Aglaonema. nitidum Kunth
少し大型で、葉は長楕円形。

アグラオネマ・カーティシイ
Aglaonema cv. Curtisii
側脈に沿って白色斑が入る。

アグラオネマ・クリスプム
Aglaonema. crispum Nicols.,
葉が灰緑色で、多肉質長楕円形。

アグラオネマ・ピクタム
Aglaonema. pictum Kunth
黄白斑が入る。

 

アグラオネマの年を通じての育て方

アグラオネマの育て方 4月~6月 春
レース越しカーテンの日光が当たる場所に置き育てる。水やりは
用土が白っぽく乾いたら行う。4月前後は気温の変化が激しいので
水はあまり与えないほうが良い。


アグラオネマの育て方 7月~9月 夏
半日陰の戸外に置き育てる、この時期は毎日水を与えても良い。


アグラオネマの育て方 10月~3月 秋~冬
レース越しのカーテンの日光が当たる場所に置き育てる。
用土が完全に乾燥してから水を与える。
冬の寒い時期は水やりの頻度はかなり控えめに。
週1~2回、霧吹きで葉水する。


アグラオネマの植え替え方
5月~9月が適季、株が大きくなり鉢底から根が出始めると植え替えを行う。
ともに株分けも行うと大きい鉢には植え替えなくても良い。
用土は、赤玉土3、腐葉土2、パーライト1の割合で作る。


アグラオネマへの肥料の与え方
5月~9月に2ヶ月に一度 暖効性の化成肥料与える。


アグラオネマの殖やし方
5月~9月が適季、挿し木で殖やす。

Aglaonema 'White Lightning'
By: scott.zona

Aglaonema red cv
By: scott.zona

Algaonema 'Silverado'
By: Cliff

 

アグラオネマに関するYouTubeの動画

アグラオネマの育て方・日常管理
アグラオネマ ピクタムのミズゴケ栽培
アグラオネマの植え替え【ハイドカルチャー仕様】
アグラオネマ ピクタム トリカラー タイ園芸(迷彩柄)AZ便のサイレント 育成環境
Aglaonema pictum (様々なアグラオネマ ピクタム)

アグラオネマと同じアグラオネマ属の植物一覧

 

アグラオネマと同じ熱帯アジアが原生地の植物一覧

 

 

アグラオネマ 販売、価格