カラジウムの種類

適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度10度以上ないと育成が難しい植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Caladium.
属名カラジウム属
原生地南アメリカ
幹、茎の形状細く折れやすい
葉の形状カラフルな模様が入る
種、果実、花
類似
殖やし方株分け

 

カラジウム(Caladium.)はサトイモ科カラジウム属の球茎植物。
南アメリカ原産。



カラジウムの特徴


小型で楯形の葉をつけるので室内に置くにも適している。
葉の地には白や赤といった色の美しい模様が入り
置く場所に彩りを添えてくれる。
 
夏の観葉植物としては人気があるので流通量は多く
専門的な店でなくても良く置いてある。
 
越冬温度は15℃と寒さには弱いので、冬は保温しないと
地上部が枯れる
球根をほりあげて砂やもみがらに埋めて
春まで休眠貯蔵する、15℃以上の場所が好ましい。

 
 

カラジウムの種類

カラジウム・キャンディダム


葉は白の地、葉脈と葉の縁が濃緑色。

 

カラジウム・ローズ’バッド’


葉は濃緑の地、葉脈が淡紅で周りが白くなる。

 
 

カラジウム・ミセス・アルノー・ネーリング

葉は白の地、葉脈は濃紅で縁が緑色。

 
 

カラジウム・フンボルドティー


矮性種、葉は濃緑の地に白い斑がまばらに入る。

カラジウム・ジューンブライド

カラジウム・ジューンブライド
葉は中央部がほとんど白の地、葉脈と葉の縁が濃緑色。

ヒメカラジウム

ヒメカラジウム
カラジウムの矮性種類。

カラジウムの育て方

カラジウムの植え替え

5月が適期、この時期球根を植えつける。
鉢に植える場合は、鉢底には少量の鉢底石を入れて、観葉植物用の
用土で植え替えを行う。用土の配分は(赤玉土5、腐葉土3、パーライト1)
 
 

カラジウムの置き場所

5月~10月、戸外の半日陰
慣らすと日光にあてても問題はない
10月以降は地上部が枯れるので球根を
15℃以上の場所で貯蔵。
 
 

カラジウムの水の与え方

5月~9月の水やりの頻度を多めに用土が乾いたらたっぷりと水を与える。
夏は毎日水を与えても良い。
10月~4月は球根を休眠貯蔵するので、まったく水は与えない
 
 

カラジウムの肥料
5~9月の間に化成肥料を1ヶ月に一度用土の2、3箇所に施す。
 

カラジウムにつく害虫

5~9月にハダニがつく、アカールで駆除する。
 

カラジウムの殖やし方は分球で殖やす。
適季は植え替えと同じ5月頃。

カラジウムの種類と同じカテゴリ

 

 

カラジウム 販売


  • 【観葉植物 造花】カラジュームブッシュ カラジウム 45cm 【フェイクグリーン 人工観葉植物 光触媒 CT触媒 インテリア】[G-L]

    1628円

  • カラジュームリーフ(S)(グリーンレッド)(LES5072SGRRD)[フェイクグリーン リーフ スプレイ 人工観葉植物 カラジュームリーフ カラジューム カラジウム]

    158円

  • 【フェイクグリーン】カラジュームアソートブッシュ カラジウム 46cm 【人工観葉植物 観葉植物 造花 光触媒 CT触媒 インテリア】[G-L]

    1408円