植物名タツナミソウ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Scutellaria indica.
属名タツナミソウ属
原生地日本
幹、茎の形状
葉の形状
種、果実、花花は群生していると、波がたっているように見える。
類似
殖やし方株分け

タツナミソウ

タツナミソウ(Scutellaria indica.)はシソ科の多年草。
日本の本州以南、朝鮮半島、中国、インドシナ半島に分布する。

開花期は5月~6月で花冠は青紫色、長さ2cm程
この花が穂状になり群生していると波がたっているように
見える
のでタツナミソウという和名がついている。
白や桃色の花もある。


タツナミソウの種類・近縁種

タツナミソウ
本種。本州、四国、九州に分布。花期は5月~6月。

コバタツナミソウ
伊豆半島以西~九州の海岸側。白桃花。

シソバタツナミソウ
福島以西~九州に分布

アツバタツナミソウ
草丈10~30cm。対馬、朝鮮半島に分布。


タツナミソウの育て方

タツナミソウの植え替え・植え付けかた
適期は3月で2年に一度植え替える。
用土はあまり選ばないが、水はけの良い用土に植え替える。


タツナミソウの置き場所
日当たりまたは半日陰に置き育てる
冬は北風が当たらない場所で。


タツナミソウの水の与え方
水切れしないように、夏場の高温期は毎日水を与える。
ほかの時期は用土が乾燥してから


タツナミソウへの肥料の与え方
春と秋の時期に週に一度。液肥を規定量に薄め施す。


タツナミソウ、害虫
特に無し。


タツナミソウの殖やし方
株分けで殖やす、適期は3月。また実生、花後の
挿し芽でもふやすことが可能

 

 

タツナミソウに関するYouTubeの動画

タツナミソウ
Sculcup, タツナミソウ
タツナミソウとハチ
オオタツナミソウ
20150428125858000みかも山タツナミソウ

タツナミソウと同じタツナミソウ属の植物一覧

 

タツナミソウと同じ日本が原生地の植物一覧

 

 

タツナミソウ 販売、価格