マニラヤシ

植物名マニラヤシ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度越冬させるためには、5~10度の気温が必要な植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Veitchia merrillii.
属名フィジーノヤシ属
原生地フィリピン
幹、茎の形状単幹、高さ7mにまでなる。
葉の形状葉の長さ2m、羽状葉
種、果実、花12月ごろ赤く熟れる
類似トックリヤシ トックリヤシモドキ ユスラヤシ
殖やし方種から実生

マニラヤシとは(Veitchia merrillii.)ヤシ科フィジーノヤシ属の中型のヤシ。
原生地はフィリピン。
マニラヤシは日本でもそれほど珍しくなく、植物専門店、オークション、通販などで
2m程のものがよく売られているのをよく見かける。
斑入のタイプのマニラヤシ(Veitchia merrillii variegata.)も
あるようでオークションでときに見かける事もある。
斑入りマニラヤシは原種よりも葉やけには弱く、多くの日照が必要。

サイパンのキャプトルヒル、官公庁の並ぶ高級住宅街のエリアの
道路の並木として普通にマニラヤシは植えられている。
ここのマニラヤシはかなりの古木になり、幹肌の部分が黒ずんでいる。

幹高は7m程度までに成長する。
葉の形状は羽状葉で長さは2mまでになり
トックリヤシ、トックリヤシモドキにやや似る。

マニラヤシは耐寒性はあまりなく、越冬させるには5~10℃必要。
冬場はよく日光の当たる暖かい室内で育てる。

果実は12月ごろ結実し赤く熟れる。
この事からChristmas Palmとも呼ばれる事もある。
マリアナ諸島ではシナビンローと呼ばれている。
マニラヤシは単幹のヤシなので増やすのは種から実生で行う。