植物名カラー
適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Zantedeschia.
属名オランダカイウ属
原生地南アフリカ
幹、茎の形状発達した地下茎をもつ
葉の形状深緑色、斑が入る品種もあり。
種、果実、花カラフルな仏炎包
類似アンスリウム
殖やし方株分け

カラー

カラー(Zantedeschia.)はサトイモ科、南アフリカ原産の多年草。
オランダカイウ属を称して園芸ではカラーと呼ばれている。
この名前は属の旧名が一般的になったもの。
花にあたる仏炎包がサトイモ科では白のものが多いが
カラーはカラフルな色を持ち、独特の雰囲気を持つ。
同じサトイモ科のアンスリウムもカラフルな色の仏炎包を持つ。
カラーは耐寒、耐陰性ある、丈夫な植物。
草丈は30cm~100cmまで成長するものもある。
湿地性種と畑地性種があり、湿地性種では、湿度が高い場所を
好むので鉢で育てる場合は底面吸水鉢を使い育てる。
発達した地下茎をもつので、株分けで簡単に殖やす事ができる。


カラーの品種(種類)
カラー・サンテデスキア エリオチアナ
(キバナカイウ)
Z. elliottiana
黄色花、草丈80cm、畑地性。夏の高温を嫌う。

カラー・サンテデスキア エチオピカ
(オランダカイウ)
Z. aethiopica Spreng.
白花、花には芳香があり。草丈は1m、湿地性。

カラー・サンテデスキア レーマニー
(モモイロカイウ)
Z. rehmannii Engl.
桃色花、草丈30cm、畑地性。

カラー・アルボマクラータ
(ザンテデスキア・アルボマクラータ)
Z. albomaculata Baill
葉に白色班点がはいる。畑地性。

 

カラーの年を通しての育て方

カラーの植え付け方
適季は4月下旬~5月上旬、畑地性、湿地性があるのでそれぞれに適した場所を選ぶ。
やや深めに穴を掘りその上に腐葉土と
有機質肥料を混ぜ穴を埋め込んだ跡に、浅い部分に土を盛り付けて植え込む。


カラーの育て方、5月~10月
夏季は乾燥しやすくカラーは成長が旺盛なので、比較的頻度を多目
に水やりを行う
。幼木は高温になった時期は水切れに注意して育てる。
6月~9月の間、開花する。


カラーの育て方、11月~4月
耐寒性があるが、霜が降りる地方での冬は出来るだけ気温が暖かい午前中に水やりする。


カラーへの肥料の与え方
芽だしまえの5月、化成肥料追肥する。


カラーの殖やし方
堀り上げを、畑地性11月、湿地性4月に行う。 この際に株分け(分球)で増やす。
おおよそ4年に一度程度の間隔で行う。

カラー・サンテデスキア エチオピカ
Z. aethiopica Spreng.
By: Herb Neufeld

カラー紫黒色
By: Jarek Zok

カラー紫色
By: pointnshoot

カラー・サンテデスキア レーマニー
Z. rehmannii Engl.
By: Lollie-Pop

カラー・サンテデスキア エリオチアナ
Z. elliottiana
By: John

 

カラーに関するYouTubeの動画

COLOR 「 For You Blue Tears 」 ( live )
伝説のコーラスグループ COLOR-FIND YOU
よい子のれきしアニメ おおきなカブ(株)
【劇的】クリスマスに向けてヘアカラーした結果!?【イメチェン】
【自分で髪の毛染める🦄💕】韓国のエチュードハウスのカラートリートメントを使ってみたら髪の毛サラサラに♡!

カラーと同じオランダカイウ属の植物一覧

 

カラーと同じ南アフリカが原生地の植物一覧

 

 

カラー 販売、価格