サルスベリ

植物名サルスベリ
適した日当たり日なたが好ましい植物 遮光率0%~15%
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Lagerstroemia indica L.
属名サルスベリ属
原生地中国
幹、茎の形状幹は樹皮がさけて、縞模様のようになる。
葉の形状
種、果実、花美しいものが多く、色も紅、紫紅色、白、淡桃、濃桃など
類似ユーカリノキ
殖やし方挿し木

サルスベリはのミソハギ科サルスベリ属の落葉樹。
原産地は中国南部
サルスベリ属はマレーシア、オーストラリア地域などに約50種が分布する。

サルスベリ特徴的なのは、美しい花と幹の部分で他の樹木と比べてもわかりやすい。
幹は樹皮がさけて、縞模様のようになる。
樹皮がさけて滑らかであることが名前の由来となっている。
幹の部分は、種類によってはユーカリノキにやや似るものがある。

サルスベリの花は7月から9月にかけて咲く。
花は大きく、美しいものが多く、色も紅、紫紅色、白、淡桃、濃桃など
多数の色のものがある。

性質は丈夫でよく日本の公園などに植えられている。
育てるのも容易で家庭の庭でもよく見られる。

増やし方は春に挿し木で行う。


サルスベリの近縁種(種類)

シマサルスベリ L. subcostata Koehne
ヤクシマサルスベリ L. fauriei Koehne
ムラサキサルスベリ L. amabilis Makino
オオバナサルスベリ L. speciosa Pers.