マランタ 種類と育て方

適した日当たり半日陰が好ましい植物 遮光率15%~40%
適した温度越冬させるためには、5~10度の気温が必要な植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Maranta.
属名マランタ属
原生地熱帯アメリカ
幹、茎の形状つる性の種もある。
葉の形状葉脈の部分にグラデーションがかった斑が入る。
種、果実、花
類似
殖やし方挿し木

 



マランタの特徴

マランタ(Maranta.)はクズウコン科マランタ属の熱帯植物。
原産地は熱帯アメリカ。
葉の模様が独特で葉脈の部分にグラデーションのような
暗紫色が入る
種が多い。

レウコネウラの種類はつる性の物が多く
茎が伸び匍匐していく性質をもつ。
種類により古い葉の葉色が悪くなる物もあるので挿し木で
株をあたらしくする。

 
 
 

マランタの種類


マランタ・レウコウラ
広葉系、葉脈に暗紫のグラデーションがかった斑が入る。

一般的に流通するマランタの種類。
 

マランタ・レウコウラ’エリトロネウラ’
レウコウラの変種、レウコウラのような斑に、桃色が混じる。

 

マランタ・レウコウラ’ケルコビアーナ’
レウコウラの変種、灰緑色の地に暗紫の斑。

 

マランタ・ビコロル
マランタ・レウコウラ’ケルコビアーナ’に似るが、根に塊茎を持つ。

 
 
 

マランタの育て方


(根はポトスのようなタイプ)

植え替えは5月~8月が適期、良く成長している場合、2年に一度は植え替える。
鉢に植える場合は、鉢底には少量の鉢底石を入れて、観葉植物用の
用土で植え替えを行う。用土の配分は(ピートモス4、パーライト1、バーミキュライト1)
 
 

鉢植えの場合の置き場所は冬越温度は10℃ほど必要で
冬は室内で育てる。
 
5月~9月、半日陰に置き育てる。
10月~4月、レースカーテン越しの日の当たる場所で育てる。
 
 

水の与え方は5月~9月の水やりの頻度を多めに用土が
乾いたらたっぷりと水を与える。
夏の高温期は毎日水を与えても良い
 


(現地のものと思われるマランタ)
マランタは熱帯アメリカの植物なので10月~4月は水やりの頻度は少なめ
用土が乾燥してから2~3日後夕方までに与える。
根ぐされになる可能性があるので冬は適切に。
マランタは乾燥を嫌い多湿を好むので、冬の室内では
葉水
をこまめに与える。
 

肥料は5~9月の間に化成肥料を2ヶ月に一度
用土の2、3箇所に施す。

マランタ 種類と育て方と同じカテゴリ

 

 

マランタ 販売


  • (観葉植物)ビバリウムプランツ マランタ アマグリス 3cmポット入り(1ポット)

    640円

  • キャッシュレス5%還元対象 観葉植物 インテリア 大型 人工観葉植物 消臭・抗菌 UDD触媒 マランタツリー 160cm 送料無料 フェイクグリーン 【RCP】

    61050円

  • 【造花】MAGIQ(東京堂)/マランタオーキッド #48 WH/MV/FW014430-048【01】【取寄】

    1771円