クランベリー 育て方と効能

植物名クランベリー 育て方と効能
適した日当たり日陰が好ましい植物 遮光率40%以上
適した温度0度以下にならなければ越冬できる植物
適した水やり一般的な観葉植物の種類と同じ程度の水やりでよい植物
学名Cranberry.
属名スノキ属
原生地アメリカ北部
幹、茎の形状茎はつる状で這い、細く黒っぽい茶色
葉の形状緑、小さい楕円形
種、果実、花直径5mm~数センチほどの大きさ、赤い
類似
殖やし方株分け

 

クランベリー(Cranberry.)はツツジ科スノキ属の常緑低木、樹高20cm前後で低い生垣
などとしても利用できる。
日陰を好む、耐寒性がかなり強く-40℃以下でも耐えることができる。
北海道から沖縄、までの日本全国で育てる事ができる。関東より北の地方の方が
栽培には適している。
結実までは2年程度で果実を実らせる。

 



クランベリーの育て方

クランベリーの育て方、3月

植え付けを行う、地植えにする場合は3月に植えつける。
クランベリーは酸性の用土を好むので土壌酸度を、苦土石灰などで適切に調整する。
寒さにはかなり強いが夏の暑さにはやや弱いので日陰になる風通しの
良い場所に植え込む。
鉢植えの場合、ブルーベリー用の用土に植え込むと良い。

 

クランベリーの育て方、5月

剪定は花芽をつけてない枝のみをカットするように気をつけて行う。
よく枝分かれして、株が混み合い夏の暑さで中心部の方から枯れてくる可能性が
ある。風とおしをよくするように中心部の枝を比較的多く剪定するようにする。

 

クランベリーの育て方、9月下旬~11月上旬

この時期にクランベリーの果実が熟してくる。
果実の黄色い部分がなくなり、完全に赤くなって少しやわらかくなったら
収穫を行う。日持ちがよく長期保存が可能なのでじっくりと果実を味わう
事が出来る。
冬の時期には鉢植えでも戸外で十分な寒さに当てる
(おそらく果実を結実するにはブルーベリーのように
ある程度低い温度の休眠期が必要だと思われる)

 


クランベリーにつく病害虫
ハマキムシ類 5月下旬~7月上旬
カイガラ虫 5月中旬

クランベリー、肥料
元肥、2月 有機質肥料を与える。
追肥、8月~9月 化成肥料を与える。

 


クランベリーの増やし方
植え替え時などに、株分けで行う。クランベリーは移植にはあまり強くはないので
土があまり乾燥しないように、日陰になる風通しの良い場所で育てる。

 

クランベリーの効能

クランベリーの効能は以下のようなものがある。
 
・尿路感染症を予防するのに役立つ可能性(研究段階)
 
・ピロリ菌が胃の中に住みついて潰瘍を引き起こすのを減少させる可能性
 
・歯垢(歯周病の原因)を減らす可能性がある
 

効果は可能性とのことなので予防程度
とらえていたほうが良いだろう。

 

科学的根拠
クランベリーは尿路感染症を予防するのに役立つ可能性があるという根拠もありますが、決定的なものではなく、さらなる研究が必要とされています。クランベリーは既に発症している尿路感染症の治療に有効であるとは証明されていません。
研究により、クランベリーの成分は、大腸菌等の細菌が尿路の細胞に付着し、感染症を引き起こすのを予防する可能性があることがわかっています。またクランベリーは、ピロリ菌が胃の中に住みついて潰瘍を引き起こすのを減少させる可能性があるという予備的な証拠もあります。
わずかな基礎研究の結果ですが、クランベリーには抗酸化特性があり歯垢(歯周病の原因)を減らす可能性があることも示唆されています。
NCCIHはクランベリーの研究に助成しており、尿路感染症に対するその効果をよりよく理解することを主な目的としています。ダイエタリーサプリメント室(Office of Dietary Supplements)やその他の国立衛生研究所(NIH)の機関もクランベリーの研究を支援しており、例えば国立老化研究所はアンチエイジング効果があるかどうかの基礎研究に助成しています。

出典 – https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/13.html

 

月齢 農業への活用

月齢 農業への活用 月と農業への関係ある?こう聞くとあやしいと 思う方もいるのではないでしょうか。   植物は太陽光を浴びて成長するので太陽と 農業には関係しているということは自明の理ですが ときに夜空を美しく見せることもある あの月に関しても農業に関係していると いうのです。   知らない方は月が植物と関係している?と意外性が あると思ってしまうか……