ニンニク栽培の肥料 与える時期

 

ニンニク栽培の肥料

ニンニクは品種によって成長がことなりますが、成熟するまでの
日にちは180~210日
です。

 

家庭菜園の野菜にしてはニンニクの栽培期間は
長いですので、肥料を与えるタイミングが
わかりづらいかもしれないかもしれないです。

 

ニンニクはそれほど追肥の回数が必要ないので
普通の野菜などと同じように肥料を与えすぎると
肥料過多になる可能性もあります。

 

 

最初から植えた時期などから肥料を与える時期などを
考慮しておくのが最善です。

 

多くの地域では、ニンニクの球根は
秋の終わりか冬の初め、土が凍らない、温度が下がってしまう
6週間前に植えるようにするべきです。

 

 



ニンニクの肥料に関して

ニンニクの根の画像

 

化成肥料などの袋に記載されている3つの数字のは肥料に含まれている
3代元素の割合です、主に 窒素-リン-カリウム

 

このパーセンテージとなっています、その数字の割合が高いほど
栄養素が多くなります。

 

ニンニクに肥料を与える際にはこれらの数字を頭に入れておきます。
1つの栄養素が過多になっているもの
特にリンを使って土壌に対して過剰施肥すると、作物に害を及ぼす
可能性が高いです。

 

化成肥料であれば、液肥は即効性であり、粒状などのものは
遅効性
のものです、ニンニクの場合はそれほど肥料が必要ないのですので
粒状などのものでいいでしょう。

 

ニンニクを植えている数がおおければ、有機肥料の
鶏ふんなどもコストが安いのでおすすめです。
問題はあまり一部の箇所に多くを施すと、固まって土の中に流れでずらく
なりますので、できれば多くの箇所にばらばらに少量施すといいです。

特にニンニクの場合水を与える回数はそれほど多くは
ないので鶏ふんなどはかたまりやすいです。

 

ニンニクの収穫時期-枯れた葉の確認方法

肥料はニンニクの成長させる為には重要な要素ですが、他の栽培に
関する事柄にくらべるとそれほど大きいという訳ではありません。
理想的なニンニクの成長を考えるのには他のことのほうが大きいです。

 

本来であれば、植え込む土壌に土のテストをして、土壌のなかにどのような
栄養素が欠けているかを正確に調べ、それに対して肥料を決定する必要はありますが
家庭菜園などでは大方アバウトになってしまいます。

ニンニクは酸性土壌を嫌うので、多くは肥料としてはやや窒素を少な目
考慮しておくといいかと思います。

 

 

ニンニク栽培の肥料 植えるとき

耕された土
(できるだけ水はけのよい土づくりを)

 

ニンニクを植える時は、出来るだけ土が緩くやや粗さがあり
そして水の通りがいいように土をととのえます。

 

土が水はけがよくない場合、土壌がずっと水分を保持し続けると
植えたニンニクが腐る場合があります。

 

ニンニクに肥料を使用するとき、植える場所に苦土石灰を
全面に施します

ニンニクは酸性土壌をこのみませんので行います。

化成肥料-大粒
(化成肥料は大粒を)

 

また堆肥やリン酸の肥料などもニンニクの周りに
十分に施すようにしてください、あまり追肥も必要のない
ようにするために大きい粒がおすすめです、水やりの少ないニンニクの場合
大粒のものであればかなりの長期間持続するので、化成肥料の追加はほとんど
必要はありません。

 

にんにくに追肥で与える時期

肥料の袋

 

ニンニクは最初に書きましたが成熟するまでの
日にちは180~210日です。
おおよそ40日~60日ごとに追肥を施すといいです。

ただ収穫前には水を切る必要もありますし、特に
必要はありません。

 

追肥をあたるときは手でしっかりと、肥料が
ニンニクに近づきすぎないように
ニンニクの周りの土にしっかりと埋め込むようにしてください。

 

天気予報などでしっかりとわかるのであれば、雨が降る
前日などに、追肥を施すと土壌に肥料がしっかりといきわたり
やすいです。

にんにくに追肥 秋に植え付けた場合

 

秋に植え付けた場合は、60日間隔ほどで追肥を与えます
収穫までに2回ほどの追肥で問題ないことが多いです。

 

1度目は植え付けてから60日後、

さらに2度目は植え付けてからの120日後
ボカシ肥や鶏ふんなどを施します。

 

 

 

 

ニンニク栽培の肥料 与える時期と同じカテゴリ